製品の成形時にできるメヤニを除去するためのフッ素系離型剤について

工場の機械と作業員

メヤニ生成の心配なしでワックス系よりも綺麗に成形できる離型剤

青空と工場

ゴムなどで作られた製品は、まずは原材料を液状にしてから金型にそれを流し入れて成形し、製品としての形を整えます。製品として完全な形にするためには、金型から出来上がりの形のまま、破損や変形なしで取り出せることに加え、製品に不要な付着物がない状態であることが必要です。成形物を無傷で金型から取り出す上で、金型内壁の摩擦を極限まで減らせる離型剤を使います。離型剤には、ワックスが成分のもの、フッ素コーティング剤が成分のものなど、いくつか種類がありますが、離型効果の高さをみれば、フッ素系が非常に優秀です。また、ワックス系は、離型剤そのものが成形物に転移しやすいため、洗浄してそれを落としてしまわないと、製品作りの次のステップに進めません。一方、フッ素系離型剤はそのような特性を持たないため、クリーンに成形作業を進められます。また、離型剤が付着しないのみならず、メヤニ生成を防ぐことも出来るため、製品完成前にメヤニに対応する手間省けます。金型から内容物を綺麗な状態で取り出せるようにするという基本的な離型の効果が非常に高い上に、離型剤やメヤニといった余計なものが付着しないフッ素系離型剤は、現場作業をとても楽、かつ効率的にしてくれるでしょう。

おすすめの情報

更新情報